アトピー性皮膚炎の改善<アトピー性皮膚炎にはのんびりが一番>

アトピー性皮膚炎のお子さん、その家族の方は、大変!!
原因もわからない上に、治療っていっても対症療法、しかもアトピー性皮膚炎の専門家でも意見がばらばら。

アトピー性皮膚炎って、見た目にもわかりやすいから、「かわいそうね」って目で見られたり、
がんばっててもちゃんとケアできない親なのねって思われたり。

おっぱいを飲んでいたら、お母さんも食べ物を制限して、
ご飯、おやつはアレルゲンの除去食、お金もかかります。
お布団も毎日干して、掃除機をかけてダニを除去、
毎日拭き掃除、手間がかかります。

夜の入浴も、一番風呂はだめ、塩素は除去して。
温度は熱いほうがいい?ぬるいほうがいい?時間はながめ?みじかめ?
あがったらすぐ保湿して!アトピー性皮膚炎の肌には保湿が一番。

やっと眠れるとおもったら、寝ていられないほどかゆがる子供。
掻いたらだめ!って鬼のような顔をしてしかっていませんか?

アトピー性皮膚炎のお子さんも、お母さんも、ストレスをためるなって言うほうが無理でしょう。
アトピー性皮膚炎にはストレスも悪化の原因です〜そんなこといわれてもどうすれば??
アトピービジネスに引っかかる気持ちもよーくわかります。

でも、お母さん、のんびり構えませんか?いつか、今より少し良くなります。
大きくなったら、すこしずつ。
今は、アトピー性皮膚炎の専門医の処方で、少しのステロイドの力を借りて、
かきこわさない程度になれば、OKですくらいの気持ちで。

アトピー性皮膚炎の改善<入浴:アトピー性皮膚炎>

アトピー性皮膚炎では入浴が大事です。汗やほこりを皮膚から除去し、リラクゼーション効果でストレスも軽減します。

しかし、皮膚のバリアー機能となるセラミドをむやみに取り去らないように、石鹸やボディシャンプーなどは低刺激のものを選びます。

表示指定成分の化合物を含まないことを無添加といいます。 

表示指定成分とは、人によっては長期間使用すると皮膚障害を起こす可能性があるために、表示を義務付けられている成分です。
アトピー性皮膚炎の刺激になることもあるので、なるべく無添加の石鹸を選びたいですね。

肌は弱酸性なので、できれば弱酸性のほうがアトピー性皮膚炎の肌にはやさしいですね。

そして、石鹸を使うときは、よくあわ立て、こすらないようにします。

ぬるま湯でよく洗い流し、石鹸分がアトピー性皮膚炎の肌に残らないようにします。

入浴後は、肌がしっとりしているうちにワセリンのような保湿剤を塗ります。アトピー性皮膚炎にとって、
一番大事なのは保湿です。十分に保湿された肌は、かゆみがおさえられます。

アトピー性皮膚炎の症状は人によってさまざまです。自分にあった入浴方法をみつけましょう。

アトピー性皮膚炎の改善<アトピー性皮膚炎関連 塩素対策>

水道水の消毒、殺菌のために含まれる塩素は、アトピー性皮膚炎の肌の角質を破壊する刺激になります。
水という最も身近な存在の中にも刺激を受けるアトピー性皮膚炎は、やっかいな病気ですね。
肌に触れる水、飲み水で対策が必要です。

塩素は、お風呂などで温度の高い状態のほうが刺激になりやすく、アトピー性皮膚炎の皮膚に負担になります。
ビタミンCなどで除去するか、1番風呂にはいらないようにする、浄水器でろ過するなどの方法があります。
手軽なのは、アトピー性皮膚炎ではない、健康な人に先に入ってもらうことですね。

アトピー性皮膚炎のお肌に大切な、副腎皮質ホルモンは、夜の入浴のほうがたくさん出るそうですよ。
お風呂では、シャワーの塩素も問題です。シャワーヘッドに浄水器をつけましょう。ビタミンCを添加できるシャワーヘッドもあります。

飲み水の塩素は、ミネラルウォーターで解決します。しかし、経済的なことを考えると、浄水器の勝ちですね。
浄水器も高価なものがありますが、信頼性が高く、長期間安心して使えるものを探しましょう。
アトピー性皮膚炎対応の商品はたくさんありますが、アトピービジネスのような悪徳商法にくれぐれも注意しましょう。

アトピー性皮膚炎とビジネス<アトピー性皮膚炎はすぐ治る?>

アトピー性皮膚炎の原因がいまだにわかっておらず、治療に関する専門家の意見もわかれていることから、
アトピービジネスという霊感商法が数多く存在します。

まず、アトピー性皮膚炎が乳幼児から発症すると、親は不安にかられます。
アトピー性皮膚炎で炎症を起こした肌は、見た目も悪く、育て方(掃除などが行き届いていない)に問題があるといわれがちだからです。

その心理につけこみ、ステロイドを処方する医師を悪者に仕立て、絶望感、不安感のなかで
体質を変える必要を、悪徳商法はもっともらしく訴えます。

アトピー性皮膚炎は、生死にかかわる病気ではなく、かゆみを抑えながらつきあっていくしかありません。
科学的根拠も示さず、アトピー性皮膚炎が根治すると誤ったイメージを植え付け、
マインドコントロールで何十万円もする掃除機、化粧品、健康食品などを買わせ、治療費を要求してくるのがアトピービジネスです。

アトピー性皮膚炎に罹患している患者は莫大な数にのぼります。すそ野が広いことも被害者を増加させている原因です。
それに、乳幼児期に発症しても、学童期には自然に治ることがおおいのがアトピー性皮膚炎の特徴のひとつです。
大らかに子育てすることも、ストレスを減らし、アトピー性皮膚炎の症状を和らげるのではないでしょうか。

アトピー性皮膚炎の治療<内服薬によるアトピー性皮膚炎の改善>

アトピー性皮膚炎の主な症状であるかゆみを抑える薬剤として、抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤、漢方があります。

抗ヒスタミン剤はかゆみを起こす物質であるヒスタミンの遊離を抑えます。副作用としては眠気があり、局所麻酔的に効きますし、アトピー性皮膚炎の子供さんの夜のかきこわしにも効果的だといえます。

抗アレルギー剤は、アトピー性皮膚炎の原因であるアレルギー反応を抑える薬で、かゆみをとめる効果は抗ヒスタミン剤と同じですが、眠気がありません。

アトピー性皮膚炎のサラリーマンには、うれしい薬ですし、効果も早く現れます。

アトピー性皮膚炎に効果があると言われる漢方の内服には消風散、外用剤には、紫雲膏(しうんこう)・太乙膏(たいつこう)・中黄膏(ちゅうおうこう)などがあります。

内服薬も(外用薬も)、アトピー性皮膚炎のかゆみを抑える対症療法なので、
根本的な治療にはなりません。
症状や経過には個人差が大きいですし、治療効果をみながら、注意深く、根気強く治療する必要があるのが、アトピー性皮膚炎のやっかいなところです。

アトピー性皮膚炎の治療<外用薬によるアトピー性皮膚炎の改善>

アトピー性皮膚炎の主な症状であるかゆみと発疹の改善には外用薬が中心になります。

アトピー肌の炎症にはステロイドや非ステロイド消炎薬などが有名ですね。

ステロイドは、誤ったイメージがあり、副作用が怖いとおもわれがちですが、医師の指示どおり、計画的に、適量を塗ればアトピー性皮膚炎にこれほど効くものはないのです。
副作用を恐れるあまりステロイドを一切使用しないのは
アトピー性皮膚炎の患者さんは事故を恐れて車に乗らるな、歩道をあるくなというようなものです。

そして、アトピー性皮膚炎のドライスキンのスキンケアには、尿素軟膏、白色ワセリン、亜鉛華軟膏などの保湿性外用剤が用いられます。
アトピー性皮膚炎の患者さんは、入浴後、皮膚がしっとりしているうちにワセリンを塗って保護することが、効果的です。

入浴剤で保湿する方法もあります。アトピー性皮膚炎には、strong>アトピー性皮膚炎用に発売されている、アレルゲンの入っていない入浴剤がよいでしょう。

アトピー性皮膚炎の治療<生活環境からみたアトピー性皮膚炎>

アトピー性皮膚炎を改善するための環境作りを考えて見ましょう。

身の回りからアトピー性皮膚炎のアレルゲンを取り除くことで、症状が和らぎます。

アレルゲンとは、ハウスダスト、ダニ、化学薬品、動物の毛、花粉、住宅建材の処理剤、水道水の有害物質といった、多種多様な物質で、生活に密着したものなので、除去は大変です。

まずは掃除。吸引性アレルゲンは、掃除の仕方に工夫があります。アトピー性皮膚炎の患者さんには雑巾がおすすめです。掃除機を使うと、アレルゲンを撒き散らして空気を汚しているだけです。

カビは早期の発見、退治が大事です。胞子を撒き散らすカビ、健康な人でも病気になりそうなのに、アトピー性皮膚炎で苦しんでいる人には重大な結果を引き起こします。

空気清浄機などでの換気も有効です。最近やほこり、ダニを取り除いてくれます。

次に洗濯。皮膚に直接触れるだけに、合成洗剤を天然にかえるだけでアトピー性皮膚炎の炎症は劇的に改善することもあります。

もっとも身近な水道水にも有害物質が含まれます。アトピー肌には塩素をはじめ、トリハロメタン、農薬など、アトピー性皮膚炎以外の健康被害の原因になることも。

意外な場所にアレルゲンになる物質があります。殺虫剤などの薬品です。アトピー性皮膚炎には、昔ながらの天然の環境が一番のようですね。


アトピー性皮膚炎の原因<アトピー性皮膚炎はなぜかかる?>

アトピー性皮膚炎の原因については、まだはっきりとわかっていません。

以前はハウスダストやダニなどのアレルゲンに過敏に反応するアレルギー体質が原因と言われていましたが、
最近のアトピー性皮膚炎の研究では、遺伝的要素だけでなく、皮膚のバリア機能の低下が大きく関係していることがわかってきました。
 
そこに、ストレスやハウスダスト、ダニなどの環境要因が加わってアトピー性皮膚炎の症状であるかゆみや発疹が引き起こされると考えられています。

子供がアトピー性皮膚炎と診断されると食べ物がアレルゲンとしてうたがわれます。
その場合、IgE値を検査してアレルギー体質かどうかを判断しますが、
IgE値が高くても症状がでない場合も多く、安易な食事制限は意味がありません。
同じものを繰り返し、多く食べることでその食物をアレルゲンとして発症する危険性もあります。




アトピー性皮膚炎の症状<アトピー性皮膚炎の肌の異常>

アトピー性皮膚炎の一番の症状に皮膚の乾燥状態(ドライスキン)があります。

アトピー性皮膚炎で乾燥した皮膚は外界の刺激に対して防御機能が低下し、
抵抗力が弱いため細菌やウイルスの感染を起こしやすいと考えられています。

かゆみをともなう発疹が繰り返しあらわれ、ひどくなると全身に広がります。
かゆみを押さえる治療を一番に考えがちですが、かゆみはアトピー性皮膚炎の表面上の問題です。
本当の原因というのを解消しない限り炎症が出たり引いたりを繰り返しながら徐々に悪化することがあります。

アトピー性皮膚炎のかゆみは、布団に入って温まったり、ストレスがかかったりするとひどくなるようです。
夜、眠る前が一番かゆいと訴えるアトピー性皮膚炎の患者さんが多いのは、
布団に入って体が温まるのと、緊張がゆるむため、かゆみが倍増していると考えられます。

季節でもアトピー性皮膚炎の症状に違いがでます。
冬は乾燥がアトピー性皮膚炎の皮膚に負担になりますし、夏は汗などで皮膚が最近に感染しやすくなります。

アトピー性皮膚炎とは【アトピー性皮膚炎の基礎】

アトピー性皮膚炎とは、湿疹(皮膚の炎症)を伴うもののうち、アレルギー反応と関連があるもの。

先天性の過敏症の一種。アトピーという名前は「奇妙な」「原因不明の」という意味のギリシャ語「アトポス」から由来。

医学用語としては気管支喘息、鼻炎などのほかのアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。

アトピー性皮膚炎の初期症状は軽く見過ごされがちであるが、対処を間違えて症状を悪化させる可能性もあり注意が必要である。アトピー性皮膚炎は、専門医による適切な治療を受けることが何よりも大切だと言える。

アトピー性皮膚炎は、アトピー型気管支喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質(アトピー素因)の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患と考えられている。

患者の約8割は5歳までの幼児期に発症する。従来学童期に自然治癒すると考えられていたが、成人まで持ち越す例や、成人してからの発症・再発の例が近年増加している。

これについては、人口密度や住宅環境の変化が要因であるとする声が多いが、軽症患者の医療機関への受診が増えたことを指摘する意見もある。

アトピー性皮膚炎のガイドラインには、厚生労働省によるものと、日本皮膚科学会によるものがある。厚生労働省診断ガイドラインは皮膚科医に限らず広く一般の臨床医に参照すべきものとして作成されている。

アトピー性皮膚炎は「改善が見られない場合は専門医に任せるように」としているように、プライマリーケアの意味合いが強い。

一方、日本皮膚科学会診断ガイドラインでは、皮膚科医が参照すべき内容になっている。主に皮膚の病変に着目した内容になっており、より厳密な診断基準になっている。

このように2種類のガイドラインがあり、治療内容に捩じれが発生する可能性もある、という意見もある。

        <フリー百科事典『ウィキペディア』より抜粋>


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。